記事「Anthemの生態系を愛でる」のアイキャッチ画像

ANTHEMの美しくも奇妙な生態系を愛でる

待ちに待ったANTHEM VIPデモ解禁

記事「ANTHEMの美しくも奇妙な生態系を愛でる」のアイキャッチ画像世界待望の大型オープンワールド「ANTHEM」のVIP体験版が公開となりました。日本時間の2019年1月26日午前2時にVIPデモをスタートした途端、世界中のファンが本作へアクセスし、一時サーバーが接続不可になったほどの人気ぶりです。私も2時になった瞬間ゲームをスタートしましたが、「接続エラー」の文字が浮かぶだけで一向にゲームが始まる気配はなく、その画面を眺めながらワインを飲んで寝ました。そんな人気ぶりがうかがえるANTHEMですが、翌日にはサーバーへのアクセス問題も解決し、デモをプレイすることができました。

ANTHEMから漂う神ゲー臭

様々なタイトルのゲームを遊んでいると、たまに「あ、これはすごいゲームが出たな!」と感じる瞬間があります。最近だとモンスターハンターワールドやHORIZON ZERO DAWN、メタルギアソリッド5など、いわゆる「神ゲー臭」がするのです。その匂いは体験版ながらANTHEMからも強烈に放たれていました。本作を神ゲーたらしめている要素は多数あるのですが、中でも「魅力的な生態系」は欠かすことのできないファビュラスなポイントです。

美しくも奇妙な生態系が生み出すゲーム体験

Anthemの世界に存在する植物の画像モンスターハンターワールドをプレイした時、ゲーム内に息づく生態系の魅力に心奪われました。見たこともない生き物や驚くほど巨大な植物、それらが互に影響し合いながら生まれる生態系は、現実世界では見ることのできない魅力に溢れていました。そしてANTHEMの中にも、魅力的で奇妙な動物や植物が多数存在します。正直なところ、敵と戦ったりジャベリン(戦闘用のスーツ)をカスタマイズしなくても、世界をゆっくり見て回るだけで楽しい、そう思えるほど本作の生態系には愛でる価値があります。では、VIP体験版で確認することができたANTHEMの世界にいる生物を紹介します。

ANTHEMの生態系を、愛でる

では早速、愛でていきましょう。

ゴリラ系モンスター【アーシックス】

青く大きな体に6つの光る目、口には鋭い牙を備えた強敵です。背中やヒジには角状の固い突起を持ち、ゴリラのようなモーションで攻撃してきます。攻撃方法にもバリエーションがあり、ジャンプからの叩きつけや体当たり、石を投げる遠距離攻撃も行います。体力も多く装甲は固いので倒すのに時間がかかります。

固い甲羅を持つ【アンリサウル】

顔を含め、体の前面が固い甲羅に覆われたクリーチャーです。その甲羅はダメージを通さないため、倒すには背後や側面から攻撃する必要があります。長い舌をつかった中距離の攻撃や、口から酸を吐き出してダメージを与えます。好戦的でプレイヤーを見つけるとすぐに襲ってきます。

自爆してダメージを与える【ワーカー】

クモのような体形にカリフラワーのように腫れ上がった顔を持つ気味の悪い生き物です。攻撃するとプレイヤーに近づいてきて顔を爆発させ、息絶えます。仲間の「ソルジャー」などと一緒に大群で押し寄せてくるので厄介な相手です。

顔全体が巨大な牙【ソルジャー】

先ほどのワーカー同様、体はクモのような形状ですが、顔全体が巨大な牙になっています。上下に大きな牙が2本づつと、その内側に小さめの牙を2本備えています。噛みつくようにとびかかってプレイヤーを攻撃します。攻撃の手数は多くないので、ステップを使うと楽に回避できます。

ウサギのようなかわいい生物【名前不明】

実在する動物で似ている種を挙げるならウサギになりますが、だいぶ違います。耳のように頭から2本伸びたものは大きな羽のような形状です。目は大きく光り、2本足で立ち尻尾は2本あります。無害な環境生物で攻撃してくることはありません。

カバのような大型生物【名前不明】

カバのようと書きましたが、実在する動物で例えられる種はいません。口元には大きく反り返った2本の牙をもち、体の側面には、羽のように上下するものが左右それぞれ3つあります。興奮状態になると側面の羽のような部位を持ち上げ、その内側を光らせて威嚇します。攻撃は主に突進による体当たりです。こちらが攻撃しないと向こうから襲ってくることはありません。

ANTHEMの顔となるザコキャラ【スクラッパー】

二足歩行するゴキブリのような敵キャラです。ガンダムで言うザクのような、最も戦うことが多くなるであろう生物です。公式によるとスクラッパーは人間ではないとのこと。それほど高い戦闘力はないので脅威になることは少なそうです。しかし数の暴力で危機にさらされるケースはあるかもしれません。

恐ろしい顔の二足歩行生命体【ブルート】

左右に3つずつ光る目を持ち、両足で力強く歩くブルート。足まである長い手でプレイヤーを襲ってきます。攻撃力はそれほど高くありませんが、3~4体の群れで行動することが多いので囲まれると厄介です。まずは1匹ずつ倒すのが得策でしょう。

火を吐く飛行生物【ワイバーン】

VIP体験版で確認することができた唯一の飛行型モンスターです。2~3羽の群れで行動していることが多く、好戦的でプレイヤーを見つけると攻撃してきます。体内から火の玉のようなものを吐き出しダメージを与えます。毛のない大きな羽は、鳥というよりも爬虫類のイメージに近く、プテラノドンなどを想起させます。

More News
記事「【SEKIRO】MOD・傀儡の術を27時間に延長する・導入方法」のアイキャッチ画像
【SEKIRO】MOD・傀儡の術を27時間に延長する・導入方法