記事「ANTHEMの購入を悩む人が知っておきたい13のこと」のアイキャッチ画像

ANTHEMの購入を悩む人が知っておきたい13のこと

先行プレイで分かったANTHEMの重要ポイント

先行プレイが開始された期待のゲームANTHEM。私も16日の深夜からゲームをスタートし、体験版との違いやストーリーの奥深さを一足早く楽しみました。22日の一般発売が目前に迫る中、まだ購入を検討されている方も多いと思います。そこで今回は、ANTHEMを購入しようか迷っている方の判断材料になるようなポイントをまとめました。良い点、良くない点も含めてご覧ください。

1.バトルと飛空移動はとても面白い

記事「ANTHEMの購入を悩む人が知っておきたい13項」の戦闘を説明するアイキャッチ画像
本当に素晴らしい点です。ANTHEMが他の作品と全く異なるゲーム体験を与えてくれる最大のポイントと言えます。空を縦横無尽に飛びながら銃やミサイル、魔法や近接武器で敵をなぎ倒すプレイは、他のゲームでは味わえない爽快感をを与えてくれます。操作性の良さも相まって、フリーランサーを操縦しているだけでも気持ちいい作品となっています。仲間とコンボを決めて大ダメージを与えた時の爽快感はたまらないですね。

2.グラフィックの美しさはトップクラス

記事「ANTHEMの購入を悩む人が知っておきたい13項」のグラフィックの美しさを伝えるアイキャッチ画像
ここ最近のゲームで最もグラフィックのキレイなゲームではないでしょうか?PS4のホライゾンやゴッドオブウォーを初めてプレイした時に得た「映像美への感動」に似ています。明るい太陽光によって生まれるコントラストもそうですが、薄暗いダークな描写も美しく、奥に何か潜んでいそうな暗い洞窟などは冒険のワクワク感を最高に高めてくれます。また、本作はHDRに対応しており、HDR対応モニターやテレビを使えば、驚くほど美しい世界を飛び回れます。やはり映像が美しいというのはテレビゲームにとって正義です。ゲーム体験への没入感が違います。

3.モンハンワールド顔負けの魅力的な生態系がある

記事「ANTHEMの購入を悩む人が知っておきたい13項」の生態系の素晴らしさを伝えるアイキャッチ画像
ANTHEMの世界には、見たことのない動物や植物、敵対する獰猛なモンスターが多数生息しています。それらのデザインはどれも奇妙でありながら美しく、まるで異世界のサファリパークを巡っているような気分を味わえます。モンハンワールドを初めてプレイした時、本当に未知の生態系があるような感動を覚えましたが、ANTHEMのそれも同じです。生態系の魅力に関しては下の記事にまとめてあります

ANTHEMの美しくも奇妙な生態系を愛でる

4.サーバー接続は改善されている

記事「ANTHEMの購入を悩む人が知っておきたい13項」のサーバー接続問題は改善したことを伝えるアイキャッチ画像
購入を検討されている方が最も心配している問題が「サーバー接続問題」ではないでしょうか。オープン体験版で明らかになったサーバーに接続できないトラブル。日本語環境では接続することができず、言語設定を英語に変更してプレイする必要がありました。しかし、製品版ではその心配はありません。日本語でもしっかりとログインできますし、接続状況も安定しています。ただ、あくまで先行プレイという参加者の少ない状態での話しなので、発売当日などは多少のトラブルはあるかもしれません。少なくとも4日間、製品版を先行プレイしていますが、サーバーエラーには一度も遭遇していません。

5.バグはかなり改善された

記事「ANTHEMの購入を悩む人が知っておきたい13項」のバグはかなり改善されたことを伝えるアイキャッチ画像
体験版に比べてかなりバグは減りました。特にオープン体験版で注目を集めた「無限ローディング」や「進行不能バグ」といった致命的なトラブルは大分改善されています。しかしTwitterなどを見ると一部のユーザーから、「クエストの進行ができない」「NPCと会話すると強制終了する」「クエスト終了後のリワードを受け取れない」と言った数件のバグ報告が見受けられます。改善したとは言え、これだけ大型のオンラインゲームなので製品版でもバグはあると思って間違いありません。開発陣もトラブルシューティングに力を注いでおり、今後のアップデートで今以上に遊びやすく改善を行うと話しています。

(2019年3月6日追記)海外でPS4版のANTHEMがエラーによりシャットダウンし、PS4本体が起動しなくなったという記事が話題になっています。SONYはソフト料金の払い戻しに応じたとも。これは異例の出来事です。PCよりもPS4でのプレイは注意が必要です。

6.テキストチャットなし


プレイヤー同士のコミュニケーションはジェスチャーとボイスチャットのみです。テキストによるやり取りや、スタンプを送りあうなどのコミュニケーションは存在しません。この仕様は一見、ネガティブなように感じますが、気楽にオンラインを楽しみたい人には都合の良い仕様に思えます。他者から不快なメッセージを受け取ったり、ゲームの枠を超えたハラスメントを抑制してくれます。オンラインゲームではあるものの、気楽につながれる設定となっています。

7.オフラインプレイは不可

記事「ANTHEMの購入を悩む人が知っておきたい13項」のオンライン接続は必須であることを伝えるアイキャッチ画像
本作は完全なオンラインタイトルです。オフラインでのプレイはできません。ゲームの最初にログインが必要となります。そして、プレイ途中でネット接続が断たれるとゲームも一度リセットされます。PS4ユーザーの方は Playstation Plusへの加入も必須です。その場合、別途 4,762円+税/12カ月、もしくは 476円+税/1カ月のサービス料を支払う必要があります。Xbox oneユーザーの方もXbox Live Goldへの加入が必要となります。

8.ソロよりマルチプレイが優遇される


ソロプレイ(プライベート)も用意されていますが、マルチプレイ(パブリック)が圧倒的に優遇される仕様になっています。マルチプレイだと経験値がチーム内で共有され、早くスキルアップできるのに対し、ソロは経験値にボーナスが入らず、敵の数も減るのでアイテムのドロップ率も低下します。本作はチーム内の装備性能が最も低い人に合わせて補正が入るため、高レベルの人と低レベルの人が組んでも両者が気持ちよく遊べる仕様になっています。正直、ソロプレイのメリットは低いです。

9.キャラメイクなし

Anthemのキャラクタークリエイションを説明するアイキャッチ画像

ジャベリンのカスタムに重点を置いている本作では、プレイヤーの分身となるフリーランサーのキャラクリは簡素なものになっています。モンハンやダクソのように目、鼻、口、髪型を細かくカスタマイズするものではなく、最初から用意された21タイプのプリセットから自分好みの顔を選ぶだけです。洋風の顔が多く並びますが、通常の洋ゲーとは異なりカワイイ顔も準備されています。しかし、ゲーム内でフリーランサーの顔が映し出されるシーンは本当に少ないです。

10.日本語音声なし!戦闘中もガンガン英語


収録された音声は英語のみで日本語音声は選択できません。全ての会話が英語音声、日本語字幕で進行します。この仕様はネイティブレベルの英語力がない人にとってかなり厄介です。街中でNPCと会話したりムービーシーンで映像を観ているだけなら良いのですが、戦闘中や飛行移動中も英語でバンバン会話が入ります。戦闘に集中すると会話が理解できず、会話に集中すると戦闘や移動がないがしろになってしまいます。現実世界同様、運転中、別の何かに気を取られていると事故にあいます。フリーランサーも同じです

11.しんどいフリープレイが強制される

記事「ANTHEMの購入を悩む人が知っておきたい13項」のフリープレイ必須のクエストを紹介するアイキャッチ画像
ストーリーを一定まで進めるとフリープレイ必ず進める必要が出てきます。これはかなり面倒な仕様です。とは言うものの、フリープレイ自体が厄介なわけではありません。フリープレイでクリアが必須条件となるミッション、「団員の霊廟(れいびょう)」がとても厄介なのです。マップ内にある4つの霊廟の試練をそれぞれクリアしていくのですが、要求される条件が大変面倒です。例えば以下のような内容です。

アルティニアの霊廟の場合

  • ワールドイベント(5回)フリープレイで発生する小さなミッションを5回クリア
  • 武器撃破(30回)銃を使って敵を30体撃破
  • 弱点撃破 (15回)る弱点を攻撃して15体倒す
  • エリート撃破(9回)名前に「エリート」と付く敵を9体倒す

このような内容の試練を4回、フリープレイでクリアしなくてはいけません。おそらく本作が発売されたら最もネガティブなコメントが飛び交うクエストだと思います。

12.ロードは長い


残念ながら本作のロードは長いです。特にフォートタルシスから出発する時に入るロードはSSD化されたPCでも1分ほど待たされます。これがHDDのノーマルPS4だと嫌気がさすほどのロード時間になると思います。PS4 Pro+SSDでなんとか我慢できるといったところではないでしょうか。
※発売日の2月22日に配信されるパッチでロード時間の改善を行うとアナウンスがありました。詳しくは下記をご参照ください

2月22日に配信予定のDay Oneパッチ内容公開。ロード時間改善など多数の修正および調整実施へ

引用元リンク/AUTOMATON

13.4K/60fps出るのはPC版のみ

開発はフレームレートよりもビジュアルを優先するためPS4 proとXbox Oneは1080p 60fpsに対応しないと発表しています。ただし、フレームレートについては将来的な対応を示唆しています。一方、PC版ではマシーン性能によって4K/60fpsでのプレイが可能です。しかし、これはGTX1080tiやRTX2080tiと言った高性能グラフィックボードを2枚使用して実現できるレベルの話しです。ある程度性能の有るPCでも2K/60fpsが現実的なレートとなっています。

※海外フラゲの情報ですが、PS4 pro版は1080p/60fpsに近い状態でプレイ可能とのことです。

最後に

いかがでしたでしょうか。購入を迷われている方が気になりそうな点をまとめました。
また、PC版とそれ以外のプラットフォームには大きな違いがありますので下の記事に詳しくまとめています。併せてご覧ください。

【ANTHEM】サーバー問題も大丈夫!PC版だけの3つの優遇がスゴイ!

More News
【動画】PC版アイスボーンが低評価続出の理由をまとめます。安定性は?MODは?